Shinkansen Engineering Co.,Ltd
トップページ プライバシーポリシー サイトマップ JR東海ホームページへ
採用情報 安全への取り組み 高品質な技術提供への取り組み
社長挨拶
経営理念
会社概要
沿革
組織図
事業概要

新幹線鉄道車両の検査・修繕 新幹線鉄道車両部品の検査・修繕 新幹線鉄道車両の施策工事


新幹線鉄道車両の検査・修繕
新幹線車両は走行距離または期間により定期検査が実施されます。当社では定期検査の内、客室内の検査や台車の検査の一部、また超音波探傷検査などを行っています。これらの検査や修繕に従事する社員は、当社が定めた教育カリキュラムにより、業務に関する知識と技能を修得しなければなりません。

・客室内検査・修繕
新幹線車両の客室設備には、旅客の快適な座り心地を確保する腰掛装置、LEDで文字情報を表示する案内表示器、自動ドア、トイレの便器(汚物処理装置)など様々な設備があります。新幹線車両の交番検査では、これら客室設備の定期検査を実施し、不具合が発見された場合、幅広い知識と高度な技能を駆使し、修繕を行っています。

 
グリーン車腰掛装置(座席)検査・修繕
 
背面テーブル検査・修繕

・台車検査・修繕
台車とは新幹線車両の安全・安定な走行を支える走り装置と呼ばれる足周りのことです。新幹線車両の台車検査では、車体から切り離した台車を分解して、モータや車輪、ギヤなどを単体で一つ一つ検査していきます。台車から部品を取り外す解体作業や台車構成部品の組み立てなども行っており、新幹線の重要部品を取り扱うことから、一人ひとりが強い責任感をもって作業にあたります。

 
台車交換
 
増圧シリンダ装置組み立て

・超音波探傷検査
新幹線車両では高速走行の安全を確保するために、車軸などの定期検査では超音波探傷などの非破壊検査が実施されています。当社では、専門の資格を取得し、確かな知識と技術により、車軸超音波探傷装置のオペレーションなどを行っています。

 
車軸超音波探傷検査
   

・仕業検査
新幹線車両は、概ね2日に1回車両の状態や機能、消耗品類の補充取替を行う「仕業検査」を実施しています。当社は客室内の検査・修繕及び車外機器の消耗品類全般の取替や給油作業を受注しています。

 
パンタグラフスリ板体取り替え
   
↑トップへ戻る

新幹線鉄道車両部品の検査・修繕
新幹線車両に装備されている部品は、高い信頼性が求められています。この高い品質を確保するために、新幹線車両の部品は細かなところまで、厳しくチェックされます。当社で受注した部品についても、検査手順から修繕方法に至るまでマニュアルを定め、品質管理に万全の体制をとっています。

・空気調和装置
高速走行する新幹線車両に搭載されている空気調和装置(空調装置)は、振動や圧力変動などの過酷な条件においても、100%の性能を確保する必要があります。そこで、定期的な整備はもちろんのこと、空調の性能が低下した場合には各種性能試験と不具合箇所の修繕を実施しています。

 
熱交換器機能回復工事
 
空調フィルター機能回復工事

・汚物処理装置
新幹線車両のトイレに設置されている便器(汚物処理装置)は、建物に設置されている陶器のいわゆるサイフォン式と違い、少量の水で汚物を処理するために複雑な機構になっています。この汚物処理装置を確実に動作させるために、定期的な分解整備を実施しています。

 
汚物処理装置(便器)検査・修繕
   

・その他
新幹線車両部品の検査・修繕は、パンタグラフなどの重要部品から客室ブラインドなどのアコモデーションにいたるまで多種多様です。これらの部品一つ一つの検査や修繕においては、各々に最適なマニュアルを制定しており、マニュアルを修得したものだけが作業に就くシステムになっており、高い品質を確保しています。

 
ブラインド整備
 
じゅうたん整備

 
窓ガラス取り替え
 
↑トップへ戻る

新幹線鉄道車両の施策工事
新幹線車両は各種定期検査の他に、ご利用されるお客様のニーズに対応するため、必要な施策工事が実施されています。当社ではその一部を鉄道会社及び車両・機器製造メーカ等から受注しており、世界に誇る日本の「新幹線ブランド」を高めることに貢献しています。

 
喫煙ルーム検査工事(排煙装置定期検査)
 
客室内機器修繕工事
↑トップへ戻る

 

Copyright 2007 Shinkansen Engineering Co.,Ltd. All Rights Reserved.